忍者ブログ

キャロット、シルク、東サラ、ロード他数クラブで一口馬主をやってるS氏の出資馬を検討・応援するブログです。※このブログは筆者の2つの別のブログ「一口馬主コンシェルジュ」と「一口馬主歴20年Sの☆出資馬を応援するブログ」を一つにまとめたブログです。

キャロットクラブ2017年度募集馬診断⑤





57.モンプティクールの16 牡
斎藤崇厩舎 2800万円(1口)7万円
(父)ダイワメジャー(母父)クロフネ
(馬体重)512(体高)159(胸囲)185(管囲)22
かなりの大型馬。これ以上増えて欲しくない所では、あるが、、。迫力のある馬体で特に胸前は深く心肺機能が伺える。歩様から筋肉にバネがあり背中もしっかりとしている 。ただ歩様には重苦しさがありトモの可動域はやや狭め。馬体重が心配だが随所に良い点があり派手さはないが古馬になるにつれて地味に勝ち上がっていくタイプか。重めの芝の中距離向き。
骨格B+ 筋肉B+ 血統C+ 厩舎C 期待値B



58.フェアリーバニヤンの16 牡
牧田厩舎 3600万円(1口)9万円
(父)ダイワメジャー(母父)Honour and Glory
(馬体重)482(体高)157.5(胸囲)183(管囲)20.3
ボテッとした馬体の馬が多いダイワメジャー産駒に対し本馬はメリハリの効いた馬体の馬。歩様を見ると筋肉はあるのだが柔らか味のある肉感があまりなく、このタイプのダイワメジャー産駒は上のクラスでは厳しい傾向。それでも堅実に勝ち上がってくれるタイプで適性は芝のマイル辺りか?
骨格B 筋肉C+ 血統C 厩舎C 期待値C



59.ヒカルアモーレの16 メス
安田厩舎 2200万円(1口)5.5万円
(父)ダイワメジャー(母父)クロフネ
(馬体重)460(体高)155(胸囲)173(管囲)20
肩から背中のしっかりした馬体。ただ後駆はフォルム的にトモが甘くなりやすい。歩様は筋肉感は若干足りないものの柔らかくバネもあるので軽い芝のマイルから中距離で実力発揮か。上のクラスまでは疑問。
骨格C+ 筋肉B 血統C+ 厩舎B 期待値C



60.グレイトフィーヴァーの16 メス
松永幹厩舎 2600万円(1口)6.5万円
(父)ジャスタウェイ(母父)Kaldoun
(馬体重)473(体高)157(胸囲)183(管囲)19.2
胸前が深く背中のしっかりした馬体。馬体に対して管囲は細いのはリスク。歩様はしっかりしており背軸があるが、現状筋肉量がやや足りずトモは少し後ろに流れるのでスピードに乗るのに時間を要するか。適性は直線の長い芝の中距離か。
骨格C+ 筋肉C+ 血統C+ 厩舎B 期待値C



61.アマルフィターナの16 メス
高橋亮厩舎 1800万円(1口)4.5万円
(父)ジャスタウェイ(母父)シンボリクリスエス
(馬体重)420(体高)153(胸囲)170(管囲)20.2
腹袋など全体的に細く華奢な印象の馬体。歩様も筋肉感に欠け非力な印象。今後成長と共に肉感が出てきて欲しいところだが無駄肉の付きにくそうなタイプに見える。
骨格D 筋肉D 血統D 厩舎C 期待値D





62.ディアマイベイビーの16
渡辺厩舎 1600万円(1口)4万円
(父)ジャスタウェイ(母父)ディープインパクト
(馬体重)390(体高)150(胸囲)169.5(管囲)18.6
無駄肉の少ない引き締まった馬体。トモ、胸前などメリハリに欠けるが歩様は背中はしっかりしている。筋力に優れた父ジャスタウェイと父母ディープインパクトの子供だからか見た目より歩様にバネを感じるが、筋肉の肉感と柔らかさに欠ける。
骨格C+ 筋肉C+ 血統C 厩舎C 期待値D



63.サンドミエシュの16 牡
石坂厩舎 2400万円(1口)6万円
(父)ルーラーシップ(母父)マンハッタンカフェ
(馬体重)434(体高)151.5(胸囲)171(管囲)20
重心の低い黒光りの美しいフォルムの馬体。肩から胸前はルーラーシップ、トモや筋肉感は母父マンハッタンカフェの影響が出て見える馬体で、歩様は背軸と筋肉感かありバネを感じる。ただ写真からイメージしたよりも関節の動きに柔らか味が感じず、力んだ走りになりそうな印象。上のクラスで活躍するには走りにゆったり感と瞬発力、相反する両面が欲しい所。順調ならばデビューも早そうで芝のマイルから中距離でスピードを活かしたレースを期待したい。
骨格B 筋肉B+ 血統B 厩舎A 期待値C



64.ブライダルソングの16 牡
須貝厩舎 2400万円(1口)6万円
(父)ルーラーシップ(母父)Selkirk
(馬体重)436(体高)154.5(胸囲)175.5(管囲)20.5
ギュっと詰まった逞しく見える馬体。筋肉も身が詰まっており歩様は力強くバネがある。特に前脚の掻き込みが良い。前駆に比べるとトモの力強さは今一歩。適性は芝の短めの距離でスピードに任せて一気に押し切るレースか。
骨格B 筋肉B+ 血統C+ 厩舎B 期待値C



65.イストワールの16 メス
斎藤崇厩舎 1800万円(1口)4.5万円
(父)ルーラーシップ(母父)サンデーサイレンス
(馬体重)480(体高)160(胸囲)182(管囲)20
パンフ写真の立ち姿勢、動画の立ち姿勢、歩様中の動画、別馬かと思うくらい全部見え方が違う。一番良く見えるのは動画の立ち姿勢で筋肉の付き方、ハリが良く見える。歩様を見ると筋肉の収縮力が足りない為が、馬体が伸びたままで縮む動きが足りなく見える。
骨格C+ 筋肉C+ 血統C 厩舎C 期待値D



66.アヴェンチュラの16 牡
角居厩舎 5000万円(1口)12.5万円
(父)ハービンジャー(母父)ジャングルポケット
(馬体重)524(体高)164(胸囲)185(管囲)21.2
自分の出資馬アヴェンチュラの産駒。父ハービンジャーは派手な活躍馬がいないのでいまいち目立ってないが、今年の皐月賞とオークスのそれぞれ2着馬を輩出している。本馬はアヴェンチュラに似た馬体でハービンジャー産駒にしては伸びのある馬体で歩様からは筋肉の収縮力がある。芝の中距離で期待したい一頭。
骨格B+ 筋肉A 血統A 厩舎A 期待値A





67.ラフォルジュルネの16 牡
藤岡厩舎 3400万円(1口)8.5万円
(父)ハービンジャー(母父)スペシャルウィーク
(馬体重)439(体高)160(胸囲)182(管囲)20.4
首さしの綺麗な馬体で胸前の力強さがある。首さしが綺麗とは馬体全体のバランスに対し首が良い位置にあるという意味で、それによって首が上手く使え推進力になるという事。力強い前駆に対し、トモの形や肉感のなさは自分の出資馬母ラフォルジュルネ似で母父スペシャルウィークの影響。このトモが善戦しても上のクラスでは今ひとつ勝ちきれない原因だった。本馬もそういった傾向になるかもしれないがスピードはありそうでレース芝のマイル前後が適性か。
骨格B 筋肉C+ 血統C 厩舎C 期待値C



68.ハルーワソングの16 牡
友道厩舎 2800万円(1口)7万円
(父)ヴィクトワールピサ(母父)Nureyev
(馬体重)445(体高)154(胸囲)174(管囲)20.5
ヴィクトワールピサ産駒らしい背腰のしっかりした馬体で4肢の運びのしっかりした力強い歩様。順調なら早いデビューも可能そうな馬体で芝のマイル前後でスピードを活かしたレースが期待出来そう。ただこのタイプのヴィクトワールピサ産駒は背腰の強さが同時に硬さにも繋がっており上のクラスで続かない傾向がある点が不安材料。
骨格B+ 筋肉B 血統B 厩舎C 期待値C



69.クーデンビーチの16 メス
新規開業厩舎 1800万円(1口)4.5万円
(父)ヴィクトワールピサ(母父)パントレセレブル
(馬体重)431(体高)156(胸囲)172(管囲)19.5
ひとつ前のヴィクトワールピサ産駒と同じく本馬もヴィクトワールピサ産駒に多い背中から腰にかけて力強いラインの馬体。4肢もしっかりしており歩様は力強い。ひとつ前にも書いたが、背腰の強さが良くも悪くも硬さになっており上のクラスでは続かない傾向にあるのだが、牝馬の分だけ本馬の方がまだ柔らか味はある。芝のマイル前後で瞬発力を活かしたレースを期待したい。
骨格B+ 筋肉B 血統B 厩舎− 期待値C



70.ブロードピークの16 メス
新規開業厩舎 1400万円(1口)3.5万円
(父)スクリーンヒーロー(母父)ディープインパクト
(馬体重)385(体高)150(胸囲)167.5(管囲)18.9
上のクラスで活躍するスクリーンヒーロー産駒はタフさを武器に勝負するので、現状牝馬に活躍馬が少ないのはそういった理由があるかと思われる。本馬は牝馬で馬格もないので非力な感じは否めないが、歩様はキビキビとスムーズな脚運びで筋肉の肉感は少ないが収縮力の感じられるので軽い馬場でのスピードは期待出来そうか。
骨格C+ 筋肉C+ 血統C 厩舎- 期待値D



71.ヴェラブランカの16 メス
新規開業厩舎 2000万円(1口)5万円
(父)ノヴェリスト(母父)クロフネ
(馬体重)487(体高)157.5(胸囲)182(管囲)20.3
身の詰まった馬体は良いが肩から首は窮屈な印象。ノヴェリスト、クロフネどちらの産駒にも良く見られる。馬体に伸びがない分、力んだ走りになりやすく、適性は短めのダートか。
骨格C 筋肉C 血統C+ 厩舎- 期待値D





一口馬主ランキングへ

拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
S氏
性別:
非公開

P R

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA