忍者ブログ

キャロット、シルク、東サラ、ロード他数クラブで一口馬主をやってるS氏の出資馬を検討・応援するブログです。※このブログは筆者の2つの別のブログ「一口馬主コンシェルジュ」と「一口馬主歴20年Sの☆出資馬を応援するブログ」を一つにまとめたブログです。

シルクホースクラブ募集時期前倒しから見えること。



さて、ご存知の方も多いと思いますが、先日のシルクホースクラブのパーティーで阿部社長から重大発表!?があり、来年度から新規募集を前倒しして7月に行うそうです。


明らかに他クラブを意識しての事だと思われますね。(特に重複会員が多いと思われるキャロットクラブかな〜)。


ロード、東京サラブレッド、キャロット、シルクの4クラブをメインに出資中の私の場合、


今年は
7月初旬…ロードサラブレッド
7月下旬…東京サラブレッド
8月下旬…キャロットクラブ
9月下旬…シルクホースクラブ

の順でしたが

来年度は
7月初旬…ロードサラブレッド
7月のいつ…シルクホースクラブ?
7月下旬…東京サラブレッド
8月下旬…キャロットクラブ

になりそうです。


シルクホースクラブ勝負っ気アリアリです〜。




さて募集時期を前倒しして売れ行きはどうなるのか、2パターン予想して見ました。


まず一つ目のパターンは、会員の予算に余裕がある内に、いち早く募集した事でシルクホースクラブへの出資率が上がるパターン(クラブ側は当然これを狙ってます。)


二つ目のパターンは、抽選満口必至の人気馬に応募が集中し大抽選会が行われる、が、すぐ後のキャロットクラブ募集に備えて売れ残りの馬への出資は一旦控える為、キャロットクラブ抽選結果発表後まで案外出資は伸びない。(私の予想はこちら。)


結局は良い馬を募集出来るかどうかだと思います。


あと会員はデメリットがひとつ増える事が予想されます。


今年のロードサラブレッドがそうでしたが7月初旬の募集だと馬体重がかなり小さく出て400kg前後の募集馬が多くなると思います。


この時期の若駒、1ヵ月の差は大きいですからね〜。7月に400kgの若駒が10月には450kgになる馬もいれば400kgからたいして変わらない馬もいます。


要は人気になりそうな馬は馬体重が小さくても予想で申し込みしないといけないという事です。


募集時期の前倒し、果たして吉と出るか凶と出るのでしょうか。


それはそうと、他に改善する事があると思うのです。


今の抽選方式は変わらなんでしょうか?


実績ある人は5口を上限に何頭でも出資し放題、平等と言われている抽選枠200口は会員だけでなく新規も含めて抽選。


毎月会費を払ってる会員と会費を払ってない新規が全く同等に抽選に入れるのは古くからの会員としてはちょっと納得いかないのではないでしょうか。


最優先制の導入、母馬優先の導入なども含め、会員の気持ちをもう少し考えて改善して頂けると嬉しいですね。






一口馬主ランキングへ

拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
S氏
性別:
非公開

P R

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA